yoshikawa

  1187943
リンクをご希望の方はご連絡をお願い致します

・在庫等の関係により、一度お電話にて確認されることをお勧めします。

市町村で助成のある予防接種

ワクチン種別 対象者 接種間隔 回数 標準接種期間
四種混合
(DTP-IPV)
1期 【初回】→生後3月~90か月に至るまでの間にあるもの 20日以上の
間隔をおいて3回
3回 生後3~12か月
2期
3期
4期 【追加】→初回終了後12月から18月に達するまでの期間に1回 1回 初回終了後12~18か月に達するまでの期間に1回
二種混合
(DT)
2期 11歳以上13歳未満のもの 1回 11歳~12歳
(小学6年生時)
麻しん風しん 1期 生後12~24か月 1回 できるだけ早期
2期 5歳以上7歳未満 1回 小学校就学1年前(幼年長)
3期 13歳となる年度内 1回 中学校1年生に相当するもの 
4期 18歳となる年度内 1回 高校3年生に相当するもの
日本脳炎 1期初回 生後6~90か月 1~4週で2回 3回 3歳~4歳
〃 追加 生後6月~90か月 初回終了から
概ね12か月後に1回
4歳~5歳
2期 9歳以上13歳未満のもの 1回 9歳~10歳
小児用肺炎球菌
ワクチン
※但し無料となるのは5歳未満まで
生後2~6か月のもの 4週以上で3回 4回 生後7か月未満
※3回目までの接種は1歳未満に行う 3回目から
2か月以上後に1回
生後12~15か月
12ヶ月未満 4週以上で2回 3回 標準的なスケジュールで接種しなかった場合
2回目から
2か月以上後に1回
1歳~2歳未満 1回目から
2か月以上後に1回
2回
2歳~9歳以下 1回
ヒブワクチン  生後2~6か月のもの 4~8週で3回 4回 生後7か月未満
3回目から
概ね1年後に1回
3回目終了から概ね1年後
12か月未満 4~8週で2回 3回 標準的なスケジュールで接種しなかった場合
2回目から
概ね1年後に1回
1歳~5歳未満 1回
子宮頸がん
(サーバリックス)2価
小学校6年生から
高校1年生相当の女子
1回目の接種を行った 1か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種 3回 助成期間内
子宮頸がん
(ガーダシル)4価
小学校6年生から
高校1年生相当の女子
1回目の接種を行った2か月後に2回目を、6か月後に3回目の接種 助成期間内
肺炎球菌 (ニューモバックス) 65歳以上 5年に1回
※助成は通知が来た一度のみ
1回  
水痘 1歳の誕生日の前日から
3歳の誕生日の前日までの方
3月以上 2回 1回目は標準的には生後12月から生後15月までの間に行う。2回目は、1回目から3月以上経過してから行うが、標準的には1回目接種後6月から12月まで経過した時期に行う。

任意の予防接種

ワクチン種別 接種概要 回数 備考
インフルエンザ 13歳以上 1回
13歳未満 1~4週後に2回目 2回 免役効果を考慮すると4週後が望ましい
破傷風 ハイリクス者等 1回目から3~8週後に2回目 3回 3~5年ごとに追加接種が
望ましい
12~18か月後に追加1回
A型肝炎 16歳以上 初回接種2回は2~4週間隔 3回 16歳未満の適応はない
初回接種後24週経過後に、追加1回
B型肝炎 ハイリクス者等 4週間隔で2回、20~24週経過後に1回 3回 医療従事者、腎透析を受けているもの、海外長期滞在者等
事故発生後は7日以内、1か月後、
3~6か月後
必要に応じて追加接種を行うことが望ましい
狂犬病 全年齢 4週間隔で2回、6~12か月後に1回 曝露前3回 以前に曝露後免疫を受け、
6か月以内の再咬傷は接種不要
1回目を0日として以降 3.7.14.30.90日 曝露後6回 曝露前免疫を受けた後6か月以上たっての咬傷は6回接種
おたふく 1歳以上 生後24~60か月の間に接種することが望ましい 1回
肺炎球菌(プレベナー) 65歳以上 通常一度のみ 1回  

■日本脳炎予防接種に関する情報は、厚生労働省ホームページでご案内しています。
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/annai.html

■詳しい予防接種スケジュールはこちらで見ることができます
 http://www.know-vpd.jp/